中部電力|静岡県原子力防災訓練への参加について(1)(2018年2月15日、16日) - 4 国、関係自治体・機関との関わり

4 国、関係自治体・機関との関わり 静岡県原子力防災訓練への参加について(1)(2018年2月15日、16日)

静岡県および浜岡原子力発電所周辺11市町が主催する原子力防災訓練に、当社から90名の社員が参加しました。訓練では、発電所の事故により放射性物質が放出したという想定のもと、住民避難に係る図上演習や実動訓練がおこなわれました。その中で今回初となる「避難経由所の設置・運営訓練」において、当社は住民の放射線測定の検査済証の確認や避難所への案内などについて、関係自治体・機関とともに実施しました。(写真は順に、オフサイトセンターでの対策協議、避難経由所での避難所への案内、発電所での救急搬送の様子)

オフサイトセンターでの対策協議の様子
避難経由所での避難所への案内の様子
発電所での救急搬送の様子

参考

Web動画のご案内

本内容について、動画でも紹介しています。

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:電気のこれからを考える「場」