中部電力|原子力規制庁および電力各社による訓練の相互評価の実施について(2019年10月31日) - 4 国、関係自治体・機関との関わり

4 国、関係自治体・機関との関わり 原子力規制庁および電力各社による訓練の相互評価の実施について(2019年10月31日)

原子力規制庁および電力各社立ち会いによる、緊急時における可搬型設備の設置・送水訓練を実施しました。これは原子力発電所に共通する実動訓練テーマをもとに、発電所の事故の状況に応じた臨機の対応について関係者が相互に評価をおこない、事故対応能力の向上につなげるもので、浜岡原子力発電所では初めておこなわれました。この結果をふまえ、引き続き緊急時対応の一層の充実に努めてまいります。

放射線防護装備を着用したうえでのホース接続訓練の様子

放射線防護装備を着用したうえでのホース接続訓練

可搬型注水ポンプ車による送水訓練の様子

可搬型注水ポンプ車による送水訓練

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • CDPへの対応 詳細はこちら