中部電力|発電用燃料の調達先 - サービス・効率化

サービス・効率化 発電用燃料の調達先

燃料調達は、「ベストミックス」の観点から燃料の種類の多様化だけでなく、調達先についても多様化を図っています。これにより、燃料の安定的な供給の確保とコスト低減に努めています。

2017年度燃料受入実績

石炭:インドネシア37.7%、オーストラリア29.3%、コロンビア11.9%、ロシア10.2%、米国9.1%、カザフスタン1.3%、カナダ0.5%。LNG:カタール39.7%、オーストラリア25.6%、アジア24.6%、ロシア4.2%、アフリカ2.8%、その他3.1%。

(注)端数処理の関係で、各項目の和が合計と一致しない場合があります。