お知らせ 重要なお知らせ

「原子力安全推進協会」の設立を受けて

2012年11月15日

中部電力株式会社
代表取締役社長
水野明久

福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、原子力発電所の安全性を一層向上させることを目的に、「一般社団法人 原子力安全推進協会」が設立された。

 同協会の役割は、シビアアクシデント対策など、国内外の安全性向上に関する最新知見を収集・分析し、事業者の安全性向上活動を技術的に評価するとともに、提言や支援などを通じて事業者の活動を強く牽引していくものと考えている。

 当社はこれまでも自主的な判断で、耐震裕度向上工事や津波対策等の安全性向上対策を積極的に行ってきた。今後もその姿勢を堅持しつつ、同協会が行う評価や提言・勧告を真摯に受け止め、社長の強い決意と覚悟のもとで安全性を高めるための取り組みを確実に実行してまいる所存である。

 エネルギー自給率が低い我が国においては、エネルギー資源の多様性を確保し、S(安全性)+3E(安定性、経済性、環境性)の達成を目指すことが、変わることのないエネルギー戦略である。そのためには原子力発電を今後も重要な電源として活用していく必要があり、その大前提となるのが原子力安全の確保である。

 当社は、「自らが改革を続ける」という強い覚悟で不断の努力を重ね、世界最高水準の安全性を目指してまいる。

関連情報

以上