HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>お知らせ>関連報道に関する見解>2月6日付毎日新聞朝刊23面記事見出し「浜岡原発の耐震補強計画」、「安全委分科会委員要請に」、「中電が説明拒否」に対する当社見解について

関連報道に関する見解 2月6日付毎日新聞朝刊23面記事見出し「浜岡原発の耐震補強計画」、「安全委分科会委員要請に」、「中電が説明拒否」に対する当社見解について

2005年2月7日

中部電力株式会社

題記記事の見出しでは、当社が浜岡原子力発電所の耐震裕度向上工事について、原子力安全委員会の耐震指針検討分科会からの説明要請をあたかも一方的に拒否したかのごとく記載されております。

これに対する当社の見解は以下のとおりです。

当社は、2月9日の耐震指針検討分科会において耐震裕度向上工事に関する説明を行うことについて、同委員会の事務局から、口頭で当社の見解を求められました。

これに対して当社は、今回の耐震裕度向上工事については、耐震指針検討分科会での審議において、改訂のポイントを示されたことを契機に社内で検討を進めた結果に基づき着手することにしたものであり、同分科会で審議されている個々の論点を踏まえたものではないことから、一事業者の経営判断を同分科会で説明することがその場にふさわしいとは思えないということと、委員から個別にご要望があればいつでもご説明する準備があることを同事務局にお伝えしました。
以上のように、当社は、同分科会での説明は適切ではないとの見解を示したに過ぎず、耐震裕度向上工事についての外部への説明を拒否したものではありません。

以上