HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>お知らせ>関連報道に関する見解>日本経済新聞(平成18年12月26日付)における浜岡原子力発電所5号機タービントラブルに関する報道について

関連報道に関する見解 日本経済新聞(平成18年12月26日付)における浜岡原子力発電所5号機タービントラブルに関する報道について

2006年12月26日

広報部報道グループ

本日(平成18年12月26日付)の日本経済新聞朝刊9面に「中部電力は、日立製作所に対して、浜岡原発5号機のタービン破損事故を受け、火力発電所を稼働したコストも逸失利益として請求する。請求額は、数百億円から最大で一千億円規模」という報道がされておりますが、これに対する当社の見解は以下のとおりであります。

本日、タービン製造メーカーの日立製作所に対して、復旧工事費用等について協議の場を設けさせていただくお願いをいたしましたが、請求額等、具体的なことは決定しておりません。

以上