プレスリリース バックナンバー(2008年)

当社通信設備に関する情報流出について

2008年3月26日

中部電力株式会社

本年3月24日、インターネット上に、当社通信設備に関する情報が流出していたことが判明しました。

流出した情報は、通信設備の工事に関するものであり、お客さま情報や電力の供給に影響を与える機微情報は含まれておりません。

当社としましては、これまでも情報管理の徹底に努めてまいりましたが、あらためて再発防止策を検討し、徹底いたします。


1 流出の経路


  1. 株式会社シーテックの委託先の社員が私有パソコンにウィニーをインストール。
  2. 当該パソコンに工事関係資料を保存。
  3. 当該パソコンがウイルスに感染し、保存されていた工事関係資料がインターネット上に流出。

2 流出の時期

平成18年8月頃


3 流出した主な情報


  • 平成16年に実施した社内IPネットワーク構築の工事関係資料
    (工事関係技術資料・社内電話番号一覧・委託先(シーテック)の作業員名簿 等)

以上