プレスリリース バックナンバー(2008年)

中部電力の従業員を装った詐欺にご注意(お願い)

2008年4月30日

中部電力株式会社

当社従業員を装った詐欺行為が発生いたしましたので、お客さまへの注意喚起をお願いいたしたく   お知らせいたします。

1 発生日時   平成20年4月28日(月) 19時頃


2 発生場所   浜松市東区


3 発生事象   浜松市東区内のお客さま宅(80才代:女性)に、中部電力と名乗る男性2人組が「この付
          近の漏電調査をしており、お宅の家も調査したい。」と訪問した。配電盤付近で調査後、1
          人が調査料として2,000円を請求してきたため、別部屋のタンスの中から財布を取り出し支
          払いに応じた。支払いに応じた直後、もう1人作業者から、配電盤のある部屋へ呼ばれた
          ため、部屋を移動し漏電調査の説明を受けた。タンスの部屋に戻るとタンスが荒らされ、
          男性2人組も居なくなっており、現金約20万円が盗まれていた。

4 犯人の特徴  性別 : 男性(2人組)     年齢 : 50才代

          服装 : 上下茶色の作業着  体格 : 中肉中背

          その他 : 名刺や従業員証の提示なし



 【中部電力からのお知らせとお願い】

 当社従業員や関係会社を装った詐欺行為が発生しております。

 次のような理由で、訪問・電話がありましたら注意してください。

  ・屋内配線やブレーカーの点検

  ・「契約の見直し」と称した機器の売り込み

  ・「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を使っての電気料金の集金

  ・「ATM(現金自動預け払い機)」を利用した電気料金等の返金等

  ○ 当社または関係会社は、お客さまからご依頼のない点検・修理やメーターの取替で代金を請求す
    ることはありません。

  ○ 当社または関係会社従業員は、お客さま宅を訪問する際は従業員証を携帯しておりますので、
    提示をお求めください。

  ○ また、最近、当社の名前を巧みに利用し、「契約の見直しと称した不審なセールス電話」や「A
    TMを利用した電気料金返金の不審電話」が多発しておりますので、ご注意ください。

  ○ 不審だと感じられたら、最寄りの当社営業所まで確認願います。


                                       

以上