プレスリリース バックナンバー(2008年)

「中部電力グループCSR報告書2008」の発行について

2008年7月23日

中部電力株式会社

当社は本日、中部電力グループの社会的責任(CSR=Corporate Social Responsibility)に関する取り組みをまとめた「中部電力グループCSR報告書2008」を発行いたしました。

 

当社は、1994年度から、環境に関する取り組みを中心に「地球環境年報」を発行してまいりました。また、2006年度からは、報告書の名称を「CSR報告書」と改め、環境に加えて、経済・社会分野などの充実を図り、持続可能な社会の実現に向けた当社の取り組みとその成果を広くご紹介しています。

 

今回の報告書は、従来の当社単体のものから、新たにグループ全体のCSR報告書として発行するもので、名称も「中部電力グループCSR報告書」と改称、巻頭には共通の理念である「中部電力グループCSR宣言」を掲げ、グループとしての一体的・統一的なCSRへの取り組みをご紹介しています。

初章の「ハイライト2007」では、岐阜県内ヶ谷山林を舞台とした森林ボランティア指導者「ちゅうでんフォレスター」の育成活動と、お客さまへの新たなライフスタイルの提案活動を特集記事として掲載しました。

また、環境報告の章では、重要課題である「地球温暖化防止」に焦点をあて、グループでのCO2削減活動について、詳細に記述しています。

 

当社およびグループ各社は、この報告書を用いてステークホルダーの皆さまとのコミュニケーションを深めると共に、さらにCSRの取り組みを充実させてまいります。

 

 

※「中部電力グループCSR報告書2008」は、当社ホームページからダウンロードしていただけます。
    http://www.chuden.co.jp/corpo/csr/

 

添付資料

以上

添付資料1

「中部電力グループCSR報告書2008」の概要

1 中部電力グループのCSR(P1)

グループ共通の理念である「中部電力グループCSR宣言」を巻頭に掲げ、グループとして一体的・統一的にCSRに取り組むことを、各ステークホルダーの皆さまに対し、メッセージ形式でお伝えしています。
 

2 ハイライト2007(P8~11)

次の二つを特集記事としてとりあげています。

・森を守る「ちゅうでんフォレスター」育成プログラム

森林整備作業を安全に行える森林ボランティアを育成し、NPO法人と協働して地域の森林保全に取り
  組んでいます。

・素敵なくらしのデザインをお手伝い

お客さまへ、新たなライフスタイルの提案を実施しています。
 

3 電力の安全・安定供給(P12~21)

当社は、安価で高品質なエネルギーを将来にわたり安全かつ安定的にお届けすることが、最大の責務であると考えています。電源開発、燃料調達から発電、送・変電、配電のそれぞれの現場における電力の安定供給のための取り組みについて、グループも含む従業員の声と共にご紹介しています。

また、原子力発電に関する取り組みについては、浜岡原子力発電所の耐震安全性、新潟県中越沖地震を踏まえた対応やプルサーマル計画の進捗状況等をご紹介しています。
 

4 経営・経済報告(P22~25)

「コーポレートガバナンス」、「コンプライアンスの推進」など当社の経営の枠組みに関する事項をご紹介しています。

また、「発電設備に関する不適切な事象とその対応について」の頁では、再発防止対策の実施状況等を記述しました。
 

5 環境報告(P26~57)

「中部電力グループ環境宣言」に基づき、中部電力グループの環境に関する取り組みを網羅的に報告するとともに、環境に関する行動目標である「アクションプラン」の2007年度の達成状況と自己評価を記載しました。

また、重要課題である「地球温暖化防止」に焦点をあて、中部電力グループでのCO2削減活動について、全体像が把握できる図や各対策のCO2削減効果を加えるなど従来以上に詳細に記述しました。
 

・CO2排出量の削減

他社原子力発電所からの融通電力の減少や販売電力量の増加などの影響により、CO2排出原単位(使用電力量当たりCO2排出量)は、1990年度比で1.4%増加し、0.470kg-CO2/kWhとなりました。(昨年度比 2.3%削減)

今後もCO2排出原単位の削減目標に向け、風力発電などの再生可能エネルギー発電の導入促進、安全を最優先にした原子力発電の推進と有効利用、途上国におけるCO2削減プロジェクトへの参画などを積極的に推進していきます。
 

・ゼロエミッション(注)への挑戦

2007年度の社外埋立処分量は、前年度から0.3万t増加し、1.4万tとなったものの、社外埋立処分率は1%未満を維持しています。

(注)ゼロエミッション:請負会社排出分(当社が発注する工事において発生した廃棄物)を含めた社外
               埋立処分量を廃棄物発生量の1%未満にすること。
 

・環境コミュニケーション

モリコロパークでの自然体験ツアーの他、地域の皆さま、NPO法人、大学などとの様々な協働事業について、ご紹介しています。
 

6 社会報告(P58~71)

ステークホルダー(お客さま、株主・投資家、取引先、地域・社会、従業員)ごとに対応する取り組みを記述しています。

特に、地域・社会の頁では、2007年度に定めた「中部電力グループ社会貢献基本方針」を掲げ、グループによる社会貢献の姿を明確化するとともに、重点分野に沿って、「地域の安全・安心の確保」「環境の保全」「次世代教育」「文化・スポーツ活動」の4つの側面に分け、具体的な取り組みをご紹介しています。