HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2008年)>カタール国「ラスラファンC 発電・海水淡水化(IWPP*1)プロジェクト」への参画について

プレスリリース バックナンバー(2008年)

カタール国「ラスラファンC 発電・海水淡水化(IWPP*1)プロジェクト」への参画について

2008年7月23日

中部電力株式会社

当社は、このたび、カタール国「ラスラファンC 発電・海水淡水化(IWPP*1)プロジェクト」に参画することといたしました。

本プロジェクトは、カタール国の経済成長に伴う急速な電力・水需要の拡大に対応するため、同国首都ドーハの北80kmに位置するラスラファン工業地区において、出力2,730MWの発電設備、日量約29万トンの海水淡水化設備を建設し、25年間運転を行うものです。プラント設備は、2011年4月に運転を開始する計画であり、電力および水をカタール送電水道公社(KAHRAMAA)に販売する契約となっております。

同プロジェクトは、本年3月、三井物産株式会社とスエズ・トラクタベル(ベルギー)が事業権を獲得後、カタール側出資者とともに事業会社を設立し、事業推進の準備を進めているところです。当社は、同プロジェクト参画に向けての具体的検討を進めてまいりましたが、このたび、当社は、事業会社に対する三井物産株式会社の出資分20%のうち5%の譲渡を受け、正式に参画いたしました。なお、四国電力も当社同様、プロジェクト出資比率の5%を獲得して参画いたしました。

当社として、同国におけるプロジェクト参画実績としては、ラスラファンB IWPP*1プロジェクト(出力1,025MW)、メサイードA IPP*2プロジェクト(出力2,000MW)に引き続き、本プロジェクトで3件目となります。

当社は、2010年度までを「海外エネルギー事業の発展期」と位置づけ、アジア、米州におけるプロジェクトへ参画しております。今後も引き続き、海外事業に積極的に取り組んで参りたいと考えております。

また、カタール国とは、LNG購入に関わる歴史を基礎に、本プロジェクトを通じて、一層の友好関係を構築していきたいと考えております。




*1 IWPP:卸発電造水事業者(Independent Water & Power Producer)。
        発電および造水事業を同時に行うプロジェクト。

*2 IPP:卸発電事業者(Independent Power Producer)。 

別紙

以上