HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2008年)>浜岡原子力発電所5号機 低圧タービン動翼の損傷に伴う株式会社日立製作所に対する訴訟の提起について

プレスリリース バックナンバー(2008年)

浜岡原子力発電所5号機 低圧タービン動翼の損傷に伴う株式会社日立製作所に対する訴訟の提起について

2008年9月10日

中部電力株式会社
代表取締役社長 三 田 敏 雄

浜岡原子力発電所5号機低圧タービン動翼の損傷に伴い、同機が運転を停止していた間の火力機への振替費用等の負担につきましては、当該タービンを製作、納入した株式会社日立製作所との間で、これまで、お互いに誠意を持って円満解決に向けた協議を行ってまいりました。

 

しかし、協議の開始から1年以上を経ても合意の目途が得られないことから当事者間の協議による解決は困難であると判断し、本日、同社に対して損害賠償請求訴訟を提起することを決定いたしました。

 

当社にとって、同社が今後も大切なビジネスパートナーであることは言うまでもありませんが、お客さまや株主をはじめとしたステークホルダーの皆さまからご理解いただけるよう、公正な解決を図ってまいりたいと考えております。

 

以上