プレスリリース バックナンバー(2008年)

中部電力の従業員を装った電気工事代金詐欺について

2008年9月30日

中部電力株式会社
名古屋支店

名古屋市南区内において、当社従業員を装った詐欺が発生しましたので、お客さまへの注意喚起をお願いしたくお知らせいたします。

  

1 中部電力からのお知らせとお願い

  <お知らせ>

  当社従業員や関係会社を装った、詐欺行為が後を絶たず発生しておりますのでご注意ください。

  ○次のような理由で突然訪問し、お金を請求してきたら注意して下さい。

    ・屋外設備の工事、屋内配線やブレーカーの点検

   ・契約の見直しと称した機器の売り込み

   ・電気温水器の点検

   ・「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を使っての電気料金の集金

   ・テレビアンテナの点検、撤去工事 等

  ○「ATM(現金自動預け払い機)」を利用した電気料金返金の不審電話に注意してください。

  

 <お願い>

   ◆当社または関係会社従業員は、お客さまからご依頼のない工事・点検・修理やメータの取替で代
     金を請求することはありません。

   ◆当社または関連会社従業員は、お客さま宅を訪問する際は、従業員証を携帯しておりますので、
     提示をお求め下さい。

   ◆不審と感じられたら、最寄りの当社営業所までお問い合わせ下さい。

  

2 今回の事象

 

 ○発生日時  平成20年9月26日(金曜)16時頃

 ○発生場所  名古屋市南区内

 ○発生事象  お客さま宅(女性70歳代)に中部電力の社員を騙った男性が訪問し、「明日、屋外の電
           気工事をするので工事費用、231,000円が必要となる。本日、手持ちのお金があれば事
           前に支払いしてほしい。」との請求があった。
            お客さまは、所持金が220,000円しかなかったが、相手方は、「不足金額は明日の工事
           の時に払えば良い。」とのことであったため、220,000円を支払いした。
            お客さまは、その後不審に思い、当社へ連絡し詐欺であることが判明した。

 ○特   徴  訪問者は、年齢30歳前後の男性・背が高くやせ型、紺色の作業服着用。

 

以上