プレスリリース バックナンバー(2008年)

「オール電化キャンペーン2008」の開催について

2008年9月30日

中部電力株式会社

当社は、10月1日より12月31日までの3ヶ月間にわたり、メーカーや販売会社と協力してオール電化の普及促進キャンペーンを開催いたします。

 

当社エリア内のオール電化採用戸数は、新築戸建での採用が市場を牽引する形で堅調に推移しており、本年8月末累計で41万戸を突破いたしました。

 

地球温暖化防止への取り組みが世界共通の課題として認識されるなか、家庭分野でのCO2削減に向け、エネルギー効率に優れ、経済的なエコキュートをはじめとした「ヒートポンプ機器」の認知度の向上・普及拡大を目指して、10月1日より12月31日までの期間、「毎日が、エコになる!」をサブタイトルとして、「オール電化キャンペーン2008」を開催してまいります。

 

今回のキャンペーンでは、「ヒートポンプ機器」の認知度の向上やリフォーム市場でのオール電化の普及拡大に重点を置いた、テレビコマーシャルや新聞広告などの広告 宣伝を実施してまいります。

 

また、毎年恒例となっているエコキュートなどをご購入のお客さまへのプレゼント セールに加え、自転車やエコバックなど毎日がエコになるグッズの当たるクイズ懸賞を展開するとともに、今回新たに実際に機器を取り扱う販売店向けに「地球と家計に優しい暮らしのセミナー」を開催することで、特にリフォーム市場でのオール電化の普及拡大を目指します。

 

このように、家庭分野でのCO2削減に向けて、ヒートポンプ機器を主要アイテムとする「安心」、「快適」、「経済的」で「環境にも優しい」オール電化の提案を展開し、普及目標(平成22年度末までに累計60万戸)の達成を目指してまいります。

 

別紙

以上