HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2008年)>武豊火力発電所敷地内におけるメガソーラー発電所の開発計画について

プレスリリース バックナンバー(2008年)

武豊火力発電所敷地内におけるメガソーラー発電所の開発計画について

2008年12月2日

中部電力株式会社

当社は、地球環境問題への取り組みを最重要課題のひとつと位置づけており、「資源の有効活用」、「環境への負荷低減」、「環境管理レベルの向上」、「地域や世界との連携強化」の4つの指針に基づいた取り組みを進めております。

このたび、当社初となる事業用メガソーラーを愛知県知多郡武豊町地内の当社武豊火力発電所敷地内において、平成23年度運転開始を目指し開発することとしました。開発規模は7,000kW(7MW)で、当社管内最大の太陽光発電となります。太陽光発電は原子力や水力発電と同様、発電過程でCOを排出しないため、本計画によるCO削減量は、年間約3,400トンとなる見込みです。

今後、地元の皆さまおよび関係各所のご理解・ご協力をいただきながら計画を進めてまいります。

また、同じ敷地内に、微量のPCBが混入した絶縁油を使用していた機器を一定期間保管する電力用機器仮置場を設置し、適正に管理します。

当社は、今後もメガソーラー発電や風力発電などの新エネルギーの導入を推進するなど、地球環境問題に積極的に取り組んでまいります。


<メガソーラー開発計画の概要>
 

発電所名

メガソーラーたけとよ発電所(仮称)

所在地

愛知県知多郡武豊町

計画開発規模

7,000kW(7MW)

想定年間発電量

約730万kWh

(一般家庭2,000世帯分の年間使用電力に相当)

着工予定

平成21年度

運転開始予定

平成23年度

開発敷地面積

約12万m2

(参考)

電力用機器仮置場を設置

(敷地面積:約4万m2、着工予定:平成21年度)

 

添付資料

以上