HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2009年)>地震発生後の浜岡原子力発電所の状況について(続報)(午後4時30分現在)

プレスリリース バックナンバー(2009年)

地震発生後の浜岡原子力発電所の状況について(続報)(午後4時30分現在)

2009年8月11日

中部電力株式会社

現在、浜岡原子力発電所のすべての原子炉は安全に停止しており、また、排気筒モニタ、モニタリングポスト等の指示値に異状はなく、外部への放射能の影響はありません。

午後4時30分までにまとめた発電所の状況は添付資料のとおりです。
  今後、社内で定めた地震発生後の安全確認手順に基づき、計画的にすべての設備の外観目視点検、安全上重要な設備の作動確認、安全機能確認および地震観測記録を用いたプラント健全性の詳細評価を実施してまいります。

当面の間、プラントの点検状況を毎営業日、お知らせしてまいります。

 

(これまでにお知らせした内容)

本日、午前5時07分頃に発生した地震により、定格熱出力一定運転中であった浜岡原子力発電所4号機および5号機が自動停止しました。
  3号機は定期検査のため停止中、1、2号機は廃止措置準備中です。
  自動停止した4号機および5号機の原子炉内の燃料を冷却するための系統は正常に動作しており、現在、原子炉の冷温停止(※1)に向けて運転操作を実施中です。
  この地震による外部への放射能の影響は確認されておりません。引き続き監視してまいります。

(平成21年8月11日お知らせ済み/午前7時現在分)

 

被害状況の確認(運転員および各設備所管部署による巡視点検)が終了し、発電所の安全に影響のある被害は確認されませんでした。
  今後、詳細な被害状況の把握、設備の機能確認を計画的に実施してまいります。

(平成21年8月11日お知らせ済み/午後1時現在分)

 

※1 原子炉の冷温停止とは、原子炉内の全制御棒が全挿入され、原子炉内の水の温度が100℃未満の状態をいいます。

※2 第三次非常体制とは、地震が発生し、発電所に甚大な被害や社会的影響が予想される場合または発生した場合の対応体制を指し、全所員が動員されます。
御前崎市で震度6弱以上の地震が発生した場合は、第三次非常体制が自動発令されます。

 

別紙

添付資料

以上

添付資料1

地震発生後の浜岡原子力発電所の状況について(午後4時30分現在)

1.地震発生後の発電所の安全機能の状況
(1)原子炉を止める機能の状況(状況変化なし)

浜岡原子力発電所1~5号機は停止しており、状態は安定しております。

号機

運転状況

計測した加速度(*1)

原子炉建屋地下2階における原子炉自動停止設定値(水平方向)

1号機

廃止措置準備中

109ガル(*2)

2号機

廃止措置準備中

3号機

定期検査のため停止中

147ガル(*2)

120ガル

4号機

自動停止

163ガル(*2)

5号機

自動停止

426ガル(*2)


*1:原子炉建屋地下2階における水平方向加速度計測値の最大値。
   (プラント健全性評価に用いるための建屋地震観測装置とは別の地震計です。)
*2:地震による揺れの尺度として用いられている加速度の単位。1ガル=1cm/秒2

(2)燃料を冷やす機能の状況(状況変化なし)

4、5号機の原子炉内の燃料を冷却するための系統は正常に動作しており、現在、原子炉の冷温停止に向けて運転操作を実施中です。3号機は、定期検査のため停止中であり、原子炉内に燃料は装荷されていますが、燃料の冷却に問題はありません。1、2号機の燃料は、燃料プールに保管しており、燃料の冷却に問題ありません。
  なお、これらの冷却系統に電源を供給する所内電源系に異状はありません。

 

冷却系統の状態

3号機

定期検査中のため、余熱除去系にて原子炉を冷却しています。

4号機

通常停止操作により、タービン・復水器にて原子炉を冷却しています。

5号機

通常停止操作により、タービン・復水器にて原子炉を冷却しています。

(3)放射性物質を閉じこめる機能の状況

原子炉建屋内の負圧維持、原子炉格納容器内圧力、原子炉建屋内エリア放射線モニタの指示等のパラメータに異状はなく、現時点で閉じこめる機能への影響はありません。
  5号機原子炉建屋5階において、地震発生時に一時的に放射線モニタの指示が上昇した原因は、燃料プールに保管している燃料表面に付着していた鉄錆等が地震により剥離し、燃料プール水の放射能レベルが上昇したことにより発生したものと推定しております。なお、原子炉建屋は負圧に維持されており、外部への影響はありません。

2.外部への放射能の影響(状況変化なし)

排気筒モニタ、モニタリングポスト、放水口モニタの指示に変動はなく、本地震による外部への放射能の影響はありません。

3.地震発生による浜岡原子力発電所の主なプラント状況

現在、点検チームを編成し、設備の被害状況の把握を行っています。
  これまでに確認している地震発生によるプラントの異状等について、別紙参考資料にまとめます。
  なお、4号機原子炉建屋4階にて、MOX燃料集合体(28体)の受取検査を実施していましたが、現在、検査は中断しています。これまでに輸送容器2基分16体の燃料集合体と3基目の輸送容器に収納している燃料集合体12体中3体の受取検査を行い、それら19体のMOX燃料集合体については、適切に燃料プールに保管しています。残り9体のMOX燃料集合体は輸送容器内に保管しており、この地震により、当該輸送容器を載せた台が1cm程度動きましたが、地震発生時に輸送容器に作用する地震力を緩和させるため、当初より台と床は固定しないこととしており、想定された範囲内での動きです。今後、容器内の9体の燃料集合体の健全性を受取検査により確認してまいります。