HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2009年)>地震発生後の浜岡原子力発電所の状況について(続報)(午後1時現在)

プレスリリース バックナンバー(2009年)

地震発生後の浜岡原子力発電所の状況について(続報)(午後1時現在)

2009年8月14日

中部電力株式会社

平成21年8月11日に発生した地震後の浜岡原子力発電所の状況について、本日、午後1時までにまとめた発電所の状況および今後の対応は参考資料のとおりです。

なお、現在、浜岡原子力発電所のすべての原子炉は安全に停止しております。
  また、排気筒モニタ、モニタリングポスト等の指示値に異状はなく、この地震による外部への放射能の影響はありません。

これまでに、3、4号機については格納容器内の機器等の点検を行い、異状のないことを確認しました。5号機については、今後点検を行います。
  また、社内で定めた地震発生後の安全確認手順に基づき、1~5号機の非常用ディーゼル発電機、非常用ガス処理装置および非常用炉心冷却系機器(ポンプ、弁)の動作確認を行い、異状のないことを確認しました。
  現在、当該手順に基づき、特別な保全計画※1について計画を策定しており、まとまり次第お知らせします。

当面の間、プラントの点検状況を毎営業日、お知らせしてまいります。

※1 特別な保全計画とは、今回の地震に伴い、安全・安定運転に必要な設備の健全性を確認するための点検計画(地震観測記録を用いたプラント健全性の評価を含む)をまとめたものです。

別紙

以上