HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2009年)>浜岡原子力発電所 放射性廃棄物固化装置の固化材変更に伴う原子炉設置変更許可申請書の提出について

プレスリリース バックナンバー(2009年)

浜岡原子力発電所 放射性廃棄物固化装置の固化材変更に伴う原子炉設置変更許可申請書の提出について

2009年10月16日

中部電力株式会社

当社は、放射性廃棄物固化装置の固化材をプラスチックからセメントに変更することとし、この変更について国の許可を受けるため、本日、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」に基づき、「浜岡原子力発電所 原子炉設置変更許可申請書(1号、2号、3号、4号及び5号原子炉施設の変更)」を経済産業大臣に提出しましたのでお知らせいたします。

1 申請の概要

放射性液体廃棄物の濃縮・乾燥後に行う固化処理について、この装置の更新にあわせ、固化材をこれまでのプラスチックから取り扱いの容易なセメントに変更する計画です。
  今回の申請内容は、放射性廃棄物固化装置の固化材変更を行うものです。

2 工事予定時期

現地工事の開始予定:平成23年4月
  工事の終了予定:平成24年12月

 

今後、同申請書の内容について、国の審査を受けてまいります。

別紙

以上