プレスリリース バックナンバー(2009年)

浜岡原子力発電所1、2号機 原子炉廃止措置計画の認可について

2009年11月18日

中部電力株式会社

当社は、本日、「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」第43条の3の2第2項の規定に基づき提出した「浜岡原子力発電所1号原子炉及び2号原子炉廃止措置計画認可申請書(平成21年6月1日申請、平成21年9月15日補正)」について、経済産業大臣より認可をいただきましたのでお知らせいたします。

この認可により、1、2号機は、廃止措置を行っていくことになります。
  今後、当社は今回認可された廃止措置計画に基づき、安全確保を最優先に第1段階で計画している系統除染、施設の汚染状況調査等の作業を進めてまいります。

※浜岡原子力発電所1号原子炉及び2号原子炉廃止措置計画認可申請書は、1、2号機の原子炉施設の解体を安全かつ確実に行うための全体計画や、廃止措置の第1段階である至近数年間の解体工事準備期間中に実施する作業の内容および安全確保対策などを記載したものです。
なお、1、2号機の廃止措置は、廃止措置期間全体を第1段階「解体工事準備期間」から第4段階「建屋等解体撤去期間」までの4段階に区分し、この順番で実施します。第2段階以降については、第1段階での調査・評価結果に基づき詳細計画を策定し、廃止措置計画の変更認可を受けた上で実施する予定です。

(経緯)

 

以上