HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>バックナンバー>バックナンバー(2010年)>ドンギ・スノロプロジェクトからの液化天然ガス購入の決定などについて

プレスリリース バックナンバー(2010年)

ドンギ・スノロプロジェクトからの液化天然ガス購入の決定などについて

2010年9月22日

中部電力株式会社

当社は、ドンギ・スノロプロジェクトからの液化天然ガス(LNG)購入などについて、決定しましたので、お知らせします。

ドンギ・スノロプロジェクトは、ドンギ・スノロLNG社(以下「ドンギ社」)がインドネシア共和国スラウェシ島東部に位置するマティンドックガス田およびスノロガス田から産出される天然ガスの液化・販売をおこなうプロジェクトで、埋蔵量は、約640億m3(LNG換算で約4,600万トン)が確認されております。

ドンギ社は、三菱商事株式会社(以下「三菱商事」)、インドネシア国営石油ガス会社(以下「プルタミナ社」)およびインドネシアの民間石油ガス探鉱開発会社であるメドコ・エナジー社が出資して設立した会社です。

当社は、ドンギ社から2014年下期から約13年間にわたり、年間約100万トンのLNGを購入する予定です。豊富なエネルギー資源を有し、地理的にも近いインドネシアからの長期LNG購入は、当社のお客さまへのエネルギー供給の安定性の向上に貢献すると考えております。

また、当社は、三菱商事、プルタミナ社、メドコ・エナジー社との間で、ドンギ社から当社が購入するLNGの一部を第三者に販売するためのマーケティング会社を設立することについても決定しました。LNGに関するマーケティング会社の設立は、当社としては初めてであり、燃料調達における柔軟性の向上および燃料調達のバリューチェーンにおける、新たなエネルギービジネスの展開に寄与するものと考えております。

今後、LNGの売買に関する契約の締結およびマーケティング会社の設立に向けて協議を進めてまいります。

当社は、今後とも、電力の安定供給のため、経済的、安定的かつ柔軟な燃料調達に努めてまいります。

【LNG売買契約の概要】

売主

ドンギ・スノロLNG社

買主

中部電力株式会社

期間

2014年下期から2027年12月までの約13年間

数量

約100万トン/年

受渡条件

本船着桟渡し(Ex-ship)

【売主の概要】

社名

PT. Donggi-Senoro LNG(ドンギ・スノロLNG社)

住所

Sentral Senayan II, 13th Floor Jl. Asia Afrika No. 8, Senayan, Jakarta,Pusat 10270, Indonesia

代表者

Yenni Andayani (President Director)

株主

三菱商事、プルタミナ社、メドコ・エナジー社
(プルタミナ社は同社子会社であるプルタミナ・エナジー・サービス社、メドコ・エナジー社は同社子会社であるメドコ・エルエヌジー・インドネシア社を通じて出資)

【マーケティング会社の仕組み】

マーケティング会社の仕組みの図

【インドネシア LNGプロジェクト位置図】

インドネシアLNGプロジェクト位置図

以上