プレスリリース バックナンバー(2011年)

「中部電力グループ 経営ビジョン2030」の策定について

2011年2月24日

中部電力株式会社

当社は、このたび、2030年の当社グループの目指す姿を定めた「中部電力グループ 経営ビジョン2030」(以下「経営ビジョン」)を策定いたしましたのでお知らせします。

現在、我が国は少子高齢化やエネルギー資源を巡る問題に加え、世界的な地球温暖化への対応など大きな転換期に立っています。こうした中、持続可能な社会構築への先導役としてエネルギー産業の重要性が強く意識され、当社グループへの期待もますます高くなってきています。

当社グループはこのたび、その期待に応えるべく、創立60周年という節目を迎えるにあたり、あらためて事業の原点を見据えつつ未来を展望し、時代を超えて大切にしたい思いを「中部電力グループ企業理念」として掲げ、その理念のもとに「経営ビジョン」を策定しました。

【中部電力グループ企業理念】

中部電力グループは、くらしに欠かせないエネルギーをお届し、社会の発展に貢献します。

誠意と努力 誠意をもって努力を積み重ね、変わらぬ使命を果たし、お客さまや社会からの信頼に応えます。

創意と挑戦 創意をもって新たな挑戦を続け、つねに優れたサービスを追求し、お客さまや社会からの期待に応えます。

自律と協働 一人ひとりが互いを尊重しながら個性を発揮し、協働することで、のびやかで力強い企業文化を築きます。

「経営ビジョン」では、将来にわたりお客さまや社会からの信頼と期待にお応えするために当社グループが目指す姿を、「エネルギーに関するあらゆるニーズにお応えし、成長し続ける企業グループ」と定めました。そして、これを実現するための経営の方向性を「4つのミッション」として示しております。

【4つのミッション】

1 低炭素で良質なエネルギーの安価で安定的なお届け

2 「エネルギーサービスNo.1企業グループ」の実現

3 積極的な海外展開による収益の拡大

4 成長を実現する事業基盤の確立

中部電力グループは、いつの時代においても地球環境に優しい良質なエネルギーを安価で安定的にお届けする使命を全うし、中部地域の発展に貢献していくとともに、国内事業で培った技術力や豊富な知見を活かし、海外事業など成長事業領域への展開も積極的に進めます。

これらの取り組みを通じて持続的な成長を確かなものとするために、グループ一丸となって新たな挑戦を続けてまいります。

添付資料

以上