プレスリリース バックナンバー(2011年)

インテグラプロジェクト権益売買契約の締結について

2011年3月2日

中部電力株式会社

当社は、このたび、豊田通商株式会社(以下「豊田通商」という。)との間で、石炭上流事業であるインテグラプロジェクトの権益売買契約を締結いたしましたので、お知らせします。

石炭上流権益の取得は、当社初であり、権益取得に向けて、当社100%出資の権益保有会社をオーストラリアに設立しました。

 インテグラプロジェクトは、ブラジルの総合資源企業であるヴァーレや豊田通商、複数の鉄鋼会社が権益を保有する、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の石炭プロジェクトです。発電用の一般炭および鉄鋼原料炭が年間約330万トンの規模で生産され、埋蔵量は約7,000~8,000万トンです。

 当社は、本プロジェクトに関する生産・販売の権利について5.95%の権益を、当社100%出資子会社として設立した権益保有会社Chubu Electric Power Integra Pty Ltdを通じて、豊田通商の100%子会社であるNavidale Pty LtdおよびToyota Tsusho Coal Australia Pty Ltdより取得します。

当社は、本プロジェクトへの参加により、石炭調達の安定性や経済性の向上を図ることができるものと考えております。

 当社は、今後とも、燃料調達を基盤とした事業への取り組みにより、燃料調達力の強化を図るとともに、新たな収益源として収益の確保を目指してまいります。

【権益売買契約の概要】

売主

Navidale Pty Ltd(豊田通商100%出資)
Toyota Tsusho Coal Australia Pty Ltd(豊田通商100%出資)

買主

Chubu Electric Power Integra Pty Ltd (中部電力100%出資)

権益比率

5.95%

内容

  • 本プロジェクトに関する資産および生産・販売の権利について、5.95%の権益を、子会社を通じて取得する。
  • 権益の比率に応じて建設・操業コストを負担し、石炭販売収益を受け取る。

 

【インテグラプロジェクトの概要】

所在地

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州

生産量

約330万トン/年

 

【インテグラ炭鉱の所在地】

インテグラ炭鉱の所在地の図

 

以上