プレスリリース バックナンバー(2012年)

イクシスLNGプロジェクト権益売買契約の締結について

2012年5月16日

中部電力株式会社

当社(代表取締役社長:水野明久、所在地:愛知県名古屋市東区東新町1番地)は、昨日、国際石油開発帝石株式会社(社長:北村俊昭、所在地:東京都港区赤坂5丁目3番1号、以下「INPEX」)という。)と、INPEXが豪州グループ会社を通じて西オーストラリア州沖合で開発作業を推進しているイクシスLNGプロジェクト(以下、「本プロジェクト」という。)について、INPEXグループ会社が保有する権益の一部(0.735%)を譲り受ける売買契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

本プロジェクトは、日本最大の石油・天然ガス開発企業であるINPEXが石油メジャーである仏TOTAL社とともに開発作業を推進する西オーストラリア沖合のイクシスガス・コンデンセート田の開発プロジェクトであり、本邦企業がオペレータ(操業主体)として大型LNG開発を主導する初のプロジェクトです。

当社は、本プロジェクトから、2017年より15年間に亘り、年間49万トンのLNGを購入する売買契約をすでに締結しております(2012年1月10日お知らせ済み)。

当社は、オーストラリアに100%出資の子会社を2社設立し、これらの子会社を通じて開発鉱区および探鉱鉱区の権益、ならびに液化事業会社Ichthys LNG Pty Ltd(以下「イクシスLNG社」という。)の株式の各0.735%を取得いたします。

当社がこれらの権益および株式を取得し、正式に本プロジェクトに参画するのは、オーストラリア政府の承認等により、この売買契約が発効した後となります。

当社は、今後とも、電力の安定供給に向け、安定的かつ経済的な燃料調達に取り組んでまいります。

1 権益売買契約の概要

対象

開発鉱区の権益

イクシスLNG社の株式

探鉱鉱区の権益

売主
(注1)

INPEX Ichthys Pty Ltd

INPEX Holdings Australia Pty Ltd

INPEX Browse, Ltd

買主
(注2)

Chubu Electric Power Ichthys PtyLtd(CEPICH)

Chubu Electric Power Exploration Pty Ltd(CEPEX)

概要

開発鉱区および探鉱鉱区の権益ならびにイクシスLNG社(液化・販売等を行う事業会社)の株式の各0.735%を取得する。

(注1)いずれもINPEXグループ会社

(注2)いずれも当社100%出資のオーストラリア株式保有会社Chubu Electric Power Australia Pty Ltdの100%出資子会社

2 イクシスLNGプロジェクトの概要

ガス・コンデンセート田

オーストラリア西オーストラリア州北部沖合

液化基地

北部準州ダーウィン 

生産能力

LNG:840万トン/年(420万トン/年×2系列)

LPG:160万トン/年

コンデンセート:日量約10万バレル(ピーク時) 

供給開始

2016年末(予定) 

権益保有比率
(当社参画後)

INPEX           :72.070%

TOTAL社       :24.000%

東京ガス(注3):1.575%

大阪ガス(注3)    :1.200%

中部電力(注4)    :0.735%

東邦ガス(注3)    :0.420%

(注3)オーストラリア政府による承認手続き中

(注4)今後、オーストラリア政府による承認手続きを申請予定

 

イクシスLNGプロジェクトの概要

以上