プレスリリース バックナンバー(2012年)

奥矢作第一・第二水力発電所 累積発電電力量100億kWh達成

2012年5月18日

中部電力株式会社

奥矢作第一・第二水力発電所は、1980年9月の1号機運転開始以来、ピーク時の電力供給を主体に運転を続けてまいりましたが、5月18日10時に、累積発電電力量100億kWhを達成いたしました。これは当社の揚水発電所としては、2010年7月30日に達成した奥美濃水力発電所に続くものです。

今回達成した100億kWhは、一般家庭約280万世帯の年間使用電力量に相当します。

【奥矢作第一・第二水力発電所の概要】

所在地

奥矢作第一水力発電所;愛知県豊田市小田木町大水別
奥矢作第二水力発電所;愛知県豊田市牛地町駒山

発電所出力

109.5万kW
(奥矢作第一水力発電所 10.5万kW×3台)
(奥矢作第二水力発電所 26.0万kW×3台) 

発電所形式

ダム水路式(揚水式) 

水系・河川名

上部調整池;矢作川水系 黒田川
中間調整池;矢作川水系 富永川
下部調整池;矢作川水系 矢作川

ダム
(有効貯水容量)

上部調整池;黒田ダム(978万m3
中間調整池;富永ダム(99.8万m3
下部調整池;国土交通省矢作ダム

最大使用水量

234m3/s 

有効落差 

奥矢作第一水力発電所 161.3m
奥矢作第二水力発電所 404.6m

運転開始年月 

1号機;1980年9月
2・3号機;1981年2月

 

別紙

以上