プレスリリース バックナンバー(2012年)

平成24年度電力供給計画の変更届出について

2012年7月24日

中部電力株式会社

当社は、本日、西名古屋火力発電所7号系列の仕様決定等に伴い、平成24年度電力供給計画の変更について、経済産業大臣に届出を行いましたので、お知らせします。

今回変更した主な内容は以下のとおりです。

1 西名古屋火力発電所7号系列の仕様決定に伴う変更

当社は、西名古屋火力発電所(愛知県海部郡飛島村)において、既存の石油火力である1~4号を廃止し(旧5,6号機は廃止済み)、220万kW級の発電設備(7号系列)を建設する計画(西名古屋火力発電所リフレッシュ計画)を進めています。このたび、7号系列の建設仕様が決定したため、最大出力、着工年月等を変更しました。

【主な変更内容】

項目

変更前

変更後

出力

220万kW級

2,316,000kW
(1,158,000kW×2)

着工年月

平成26年度
(2014年度)

平成25年12月
(2013年12月)

使用開始年月

平成29年度
(2017年度)

7-1号:平成29年9月
(2017年9月)

7-2号:平成30年3月
(2018年3月)

 【ご参考:西名古屋火力7号系列の建設仕様】

ユニット

7号系列

発電方式

高効率コンバインドサイクル発電方式

最大出力

2,316,000kW(1,158,000kW×2)

設備構成

多軸式:(ガスタービン3台+蒸気タービン1台)×2

熱効率

62%程度(低位発熱量基準)

使用燃料

液化天然ガス(LNG)

着工年月

平成25年12月(2013年12月)

使用開始年月

7-1号:平成29年9月(2017年9月)
7-2号:平成30年3月(2018年3月)

2  水力設備の出力変更に伴う年度末電源構成への反映

(1)奥矢作第一発電所の最大出力変更

当社は、奥矢作第一発電所(愛知県豊田市小田木町大水別)において、3号機の経年劣化設備の更新に合わせて、より高効率な水車を採用したことにより、発電出力が向上したため、最大出力を変更しました。

項目

変更前

変更後

出力

315,000kW

317,000kW

変更年月

平成24年6月(2012年6月)

(2)奥泉発電所の最大出力変更

当社は、奥泉水力発電所(静岡県榛原郡川根本町)において、性能確認試験を実施した結果、発電出力が向上できることが判明したため、最大出力を変更しました。

項目

変更前

変更後

出力

87,000kW

92,000kW

変更年月

平成24年6月(2012年6月)

以上