HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>平成27年度「省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞」の受賞について

プレスリリース 2016年

平成27年度「省エネ大賞 資源エネルギー庁長官賞」の受賞について

2016年1月19日

中部電力株式会社

当社は、スズキ株式会社(代表取締役会長:鈴木修、所在地:静岡県浜松市)、メトロ電気工業株式会社(代表取締役社長:川合誠治、所在地:愛知県安城市)と共同で実施した取り組み「鋳造工場における赤外線ヒータ式金型加熱器の導入による省エネ・省力化」に関して、平成27年度省エネ大賞(主催:一般財団法人省エネルギーセンター)の省エネ事例部門『資源エネルギー庁長官賞』を受賞しました。

「省エネ大賞」は平成2年度より優れた省エネ・節電製品又は省エネ波及効果の高いビジネスモデルを開発した事業者を表彰してきました。

平成23年度より「省エネ事例部門」が追加され、企業、工場、事務所等の節電や、優れた省エネルギー活動を推進し、成果を挙げた事業者を表彰しています。

このたびの受賞は、3社で共同開発した「赤外線ヒータ式金型加熱器」をスズキ相良工場に導入したことにより、大幅なエネルギー使用量削減と加熱時間短縮を実現すると同時に、現場作業の省力化と安全性、生産性も向上させた取り組みが高く評価されたものです。

当社は、モノづくりの高度化に伴い多様化するお客さまの課題を解決するために、お客さまの生産プロセスに深く踏み込み、生産性の向上と省エネを図る「開発一体型ソリューション」を展開しており、今回の取り組みもその一環です。

当社は今後も「開発一体型ソリューション」を始めとするソリューションサービスを展開し、お客さまから選ばれる電力会社を目指してまいります。

【資源エネルギー庁長官賞受賞の概要】

  • 受賞テーマ
    「鋳造工場における赤外線ヒータ式金型加熱器の導入による省エネ・省力化」
  • 事業者
    スズキ株式会社、中部電力株式会社、メトロ電気工業株式会社
  • 対象事業所
    スズキ株式会社 相良工場
  • 事例概要    
    • スズキ相良工場のエンジン鋳造部品を生産する鋳造機の金型加熱工程において、従来のガスバーナ式から高出力の赤外線ヒータを利用した金型加熱器に変更した。
    • 金型加熱器は、当社がスズキ、メトロ電気工業と共同で考案・開発・テスト改良を重ねたもので、導入により従来のガスバーナ式と比較し、エネルギー使用量を58%削減(原油換算20.8kl/月削減)、金型加熱に要する総作業時間は32%削減するなど、省エネルギーおよび現場作業の省力化と安全性、生産性の向上を図ることができた。

別紙

以上