HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>「中部電力グループ 経営ビジョン」の策定について ―「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指して―

プレスリリース 2016年

「中部電力グループ 経営ビジョン」の策定について ―「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指して―

2016年2月23日

中部電力株式会社

当社は、このたび、「中部電力グループ 経営ビジョン」(以下「経営ビジョン」)を策定いたしましたのでお知らせします。

この「経営ビジョン」は、電力・ガスシステム改革をはじめとする大きな事業環境変化の中で、お客さま・社会からの信頼と期待に応え、選ばれ続けるために、私たちの決意と目指す企業グループの姿を改めて掲げたものです。

エネルギー事業を取り巻く環境は急激に変化していますが、「くらしに欠かせないエネルギーをお届けし、社会の発展に貢献する」という私たちの企業理念は変わりません。

この企業理念の実践に向け、新しい時代に合わせて策定した「経営ビジョン」のもと、取り組みを加速していきます。

具体的には、

  • グループ内外の経営資源の活用を通じた事業領域(事業エリア・サービス)の拡大
  • 発電・送配電・小売の各分野における自律的な事業活動の展開

により、「新たなビジネスモデル」を構築していきます。

また、環境経営の徹底や、先端技術の活用・開発などを通じて「事業基盤の一層の強化」を図ります。

私たち中部電力グループは、いつの時代においても、地球環境に配慮した、良質なエネルギーを安全・安価で安定的にお届けするという「変わらぬ使命の完遂」に努めてまいります。

同時に、それを礎として、時代の変化を見据えた「新たな価値の創出」に挑戦し続けることで、期待を超えるサービスを、先駆けてお客さまにお届けする「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を、一丸となって目指してまいります。

別紙

以上