HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>2016年度「経営課題への取り組み~経営ビジョンの実現に向けて~」について

プレスリリース 2016年

2016年度「経営課題への取り組み~経営ビジョンの実現に向けて~」について

2016年3月23日

中部電力株式会社

当社は、このたび、新たな経営ビジョン実現に向けた具体的な取り組みをとりまとめた2016年度「経営課題への取り組み」を策定いたしましたのでお知らせいたします。

当社は、これまで、中期的な経営方針と具体的な取り組みを「経営の目指すもの」 として毎年、公表してきましたが、「中部電力グループ 経営ビジョン」の見直しを受け、 ビジョン実現に向けた具体的な取り組みをお示しするものであることを明確化し、今回 から「経営課題への取り組み」としてお示しすることとしました。

期待を超えるサービスを、先駆けてお客さまへお届けするリーディングカンパニーとして、「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」という目指す姿の実現に向けて、「浜岡原子力発電所の安全性をより一層高める取り組み」、「新たな時代の安定供給に向けた取り組み」、「成長の加速に向けた取り組み」、「環境変化に即応できる事業体制の構築に向けた取り組み」を重点的な取り組みと位置づけました。

電力・ガスシステム改革をはじめとする急激な事業環境の変化のなか、競争に打ち勝てるよう重点的な取り組みをグループ一丸となって進めていくことで、当社グループは、「2018年度までに連結経常利益1,500億円以上を実現できる企業グループ」を目指してまいります。

【4つの重点的な取り組み】

  1. 浜岡原子力発電所の安全性をより一層高める取り組み
  2. 新たな時代の安定供給に向けた取り組み
  3. 成長の加速に向けた取り組み
  4. 環境変化に即応できる事業体制の構築に向けた取り組み

中部電力グループは、お客さま、社会、株主の皆さまからの信頼と期待に応え、「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」の実現に向け、着実に歩を進めてまいります。

添付書類

以上