プレスリリース 2016年

会社貸与携帯電話の紛失について

2016年9月28日

中部電力株式会社
静岡支店

9月26日、当社従業員が、業務用として個人に貸与されている携帯電話を紛失いたしましたので、お知らせします。

この携帯電話には、お客さまの電話番号が登録されております。お客さまの大切な情報を紛失したことに対し、心よりお詫び申しあげます。

現在、登録されていたと思われるお客さまへは、ご説明と謝罪をさせていただいております。

当社は、これまでお客さま情報の厳重な管理を指導してまいりましたが、あらためて情報保護の重要性について意識高揚を図り、より一層の厳重管理をおこなうことで、再発防止に努めてまいります。

なお、当該携帯電話にはパスワードのロックを設定しております。

1 紛失判明日

2016年9月26日(月曜日)

2 紛失場所

不明

3 紛失物

会社貸与携帯電話 1台

4 登録内容

  • お客さまの社名、個人名、電話番号(携帯・固定) 約50件
  • 当社従業員の個人名、電話番号(携帯・IP-PHS) 約10件

5 経緯

(1)9月21日(水曜日)業務終了後、被貸与者は私有のかばんに当該会社貸与携帯電話を入れた。その後、被貸与者は翌出勤日である26日まで、かばん内の当該携帯電話の所在を確認していない。

(2)26日(月曜日)出勤日においては、当該会社貸与携帯電話を入れたかばんを自宅に置いたまま出勤したため、紛失していることに気付かなかった。

(3)26日(月曜日)夜に帰宅し、かばん内に当該会社貸与携帯電話がないことを確認した。

(4)27日(火曜日)立ち寄り先へ連絡するなど所在の確認をしたが、発見には至らなかった。

(5)28日(水曜日)午前8時30分、上長へ報告するとともに、警察署に紛失届を提出した。

(6)28日(水曜日)現在、情報の紛失による被害の申し出はない。

以上