HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2016年>最新型電気ボイラー“ワンショットボイラー”の開発~ 待機時からの立ちあがりが早いボイラー ~

プレスリリース 2016年

最新型電気ボイラー“ワンショットボイラー”の開発~ 待機時からの立ちあがりが早いボイラー ~

2016年10月13日

中部電力株式会社
直本工業株式会社

中部電力株式会社(代表取締役社長:勝野哲、所在地:愛知県名古屋市、以下「中部電力」)および直本工業株式会社(取締役社長:直本 行雄、所在地:大阪府大阪市、以下「直本工業」)は、待機時からの立ちあがりが早い、最新の「瞬時起動対応小型電気ボイラー」(商品名:ワンショットボイラー)を共同開発しましたのでお知らせします。

中部電力と直本工業は、待機時からの立ち上がりが早く、瞬時に安定した蒸気を供給できるワンショットボイラーを開発しました。

瞬時に安定した蒸気を送るボイラーの開発は、ワンショットボイラーが初めてです。

電気ボイラーは、燃料配管が不要で、騒音が小さく排煙が出ないことから設置場所を選ばないため、ビル内や住宅隣接地において導入できるメリットがありました。

一方で、従来の電気ボイラーでは、起動から蒸気が得られるまでに数秒から10秒程度の時間を要し、蒸気発生後も、圧力や流量がすぐに低下するという課題がありました。

ワンショットボイラーは、常に蒸気を貯留するタンクを内蔵することで、待機時からの立ちあがりが早く、圧力や流量が安定した蒸気を供給することが可能です。

本開発品は、直本工業より2016年11月から年間100台を目標に販売します。

「瞬時起動対応小型電気ボイラー」(ワンショットボイラー)の主な特長

「瞬時起動対応小型電気ボイラー」(ワンショットボイラー)の主な特長
  1. 瞬時起動
    ワンショットボイラーに内蔵されたタンクに常時蒸気を貯留しておくため、待機時の立ち上がりが従来ボイラーの数秒~10秒程度から、1秒以内になりました。
  2. 安定した蒸気の供給
    従来の電気ボイラーでは起動直後の蒸気が不安定で必要な熱量が得られませんでしたが、ワンショットボイラーは、ボイラー内に常時蒸気を貯留しておくため、安定した熱量を得ることが可能になりました。

別紙

以上