プレスリリース 2016年

2016年10月分電力販売実績

2016年11月21日

中部電力株式会社

販売電力量は、一部お客さまの前年の自家発稼動減に伴う販売電力量増の反動はあるが、半導体の生産増や、気温影響による冷房設備の稼動増などから、98億33百万kWh、対前年増加率1.9%と2ヶ月連続で前年実績を上回った。

1 低圧(一般家庭のお客さまなど)

9月から10月上旬の気温が前年に比べ高めに推移したことによる冷房設備の稼動増や、検針期間の日数増などから、対前年増加率6.3%と前年実績を上回った。

2 高圧・特別高圧(オフィスビルや商業施設、工場のお客さまなど)

一部お客さまの前年の自家発稼動減に伴う販売電力量増の反動や、契約電力の減少はあるが、半導体の生産増や、気温影響による冷房設備の稼動増などから、対前年増加率0.3%と前年実績並みとなった。

電圧別販売実績

電圧別販売実績と(参考)平均気温(名古屋)の表

 

以上