HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>エリアインバランス誤算定に関する報告について(続報)

プレスリリース 2017年

エリアインバランス誤算定に関する報告について(続報)

2017年1月13日

中部電力株式会社

当社は、2016年12月22日に、経済産業省からエリアインバランスの誤算定について報告徴収を受領し、原因、経緯、再発防止策等について取りまとめ、経済産業省へ2017年1月4日に報告いたしました(2017年1月4日お知らせ済み)。

報告徴収のうち、1月13日が報告期限とされておりました誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響については、本日、経済産業省へ報告いたしましたので、お知らせいたします。

本件につきまして、多数の関係者の皆さまにご迷惑をおかけしておりますことを、改めて深くお詫び申し上げます。

  • 誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響
    2016年4月から10月までの、誤算定がなかった場合のエリアインバランス量は合計で約6億87百万kWhの余剰となり、誤算定によるエリアインバランス量(kWh)は合計で約5億56百万kWhとなります。

誤算定によるエリアインバランス量の表

(注1) 表中のマイナス数値は、不足のインバランスを表します

(注2) 端数処理の関係で合計が一致しない場合があります

以上