HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>2017年度「経営課題への取り組み~経営ビジョンの実現に向けて~」について

プレスリリース 2017年

2017年度「経営課題への取り組み~経営ビジョンの実現に向けて~」について

2017年3月29日

中部電力株式会社

当社は、このたび、経営ビジョン実現に向けた具体的な取り組みをとりまとめた2017年度「経営課題への取り組み」を策定いたしましたのでお知らせいたします。

昨年の電力小売自由化に続き、本年4月からガス小売全面自由化が開始されるなど、エネルギー事業を取り巻く環境は大きく変化しています。また、IoTやAIなどの技術を活用した、いわゆる「第4次産業革命」により、経済・社会の構造も大きく変わりつつあります。

このような環境変化の中、安全、安価で安定したエネルギーをお届けするという、変わらぬ使命を引き続き果たすとともに、新たな技術により革新的なサービスや飛躍的な効率化を実現し、お客さまにとって価値あるサービスをご提供してまいります。

このため、当社は、以下の4つの重点的な取り組みをグループ一丸となって進め、「2018年度までに連結経常利益1,500億円以上を実現できる企業グループ」を目指してまいります。

【4つの重点的な取り組み】

  1. 浜岡原子力発電所の安全性をより一層高める取り組み
  2. 新たな時代の安定供給に向けた取り組み
  3. 成長の加速に向けた取り組み
  4. 環境変化に即応できる事業体制の構築に向けた取り組み

中部電力グループは、お客さま、社会、株主の皆さまからの信頼と期待に応え、「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」の実現に向け、着実に歩を進めてまいります。

添付資料

以上