HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2017年>浜岡原子力発電所 廃棄物減容処理装置建屋(第1建屋)地下2階における放射性物質を含む堆積物の確認について

プレスリリース 2017年

浜岡原子力発電所 廃棄物減容処理装置建屋(第1建屋)地下2階における放射性物質を含む堆積物の確認について

2017年5月2日

中部電力株式会社

2017年5月2日14時30分ごろ、協力会社社員が、浜岡原子力発電所廃棄物減容処理装置建屋(第1建屋)地下2階(放射線管理区域内)において、粉状の堆積物を発見しました。当社社員が確認したところ、ドラム缶保管室およびその付近の部屋の排水枡5箇所のまわりの床面に、放射性物質を含む粉状の堆積物が広がっていることを確認しました。

粉状の堆積物の放射能量を測定した結果、1平方センチメートルあたり141ベクレル(注)の箇所があり、原子炉施設保安規定で定める特別な措置が必要な基準である1平方センチメートルあたり40ベクレルを超えたため、原子炉施設保安規定に基づき、人の立入制限措置を新たに講じました。

今後、粉状の堆積物を適切に処理するとともに、原因等を調査し、適切な対策を検討してまいります。

なお、本事象による外部への放射能の影響はありませんでした。

(注)放射能量の測定値はコバルト60のみ検出しています。

粉状の堆積物の状況

以上