HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2018年>「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」への会員参画について

プレスリリース 2018年

「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」への会員参画について

2018年11月7日

中部電力株式会社

当社は、東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 禎則)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋)が、11月15日に設立する「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」(以下「本ラボ」)に会員として参画することといたしましたので、お知らせします。

当社は、本年3月に公表した「中部電力グループ 経営ビジョン」において、エネルギー事業に加え、新たな成長分野として「新しいコミュニティの形の提供」を掲げており、これに繋がるサービス展開に向け、AI・IoT技術や外部リソースを積極的に活用した、様々な取り組みを進めています。

本ラボは、電力データと異業種データを掛け合わせ分析することで、新たな価値を創造し、その活用方法の検討(注)と有用性の検証を行うことを目的としています。

(注)具体例:個人が特定できないように統計化されたスマートメーターデータと地図データを組み合わせることで、既存の国勢調査等の情報よりもリアルタイムな統計データを店舗出店計画の最適化につなげるなど

当社は、幅広い業種の参画者との協創活動を積極的に行い、データ活用による社会課題の解決や新たなビジネス価値の創出に向けた取り組みを加速してまいります。

以上