プレスリリース 2019年

カテエネポイントの進呈漏れについて

2019年3月7日

中部電力株式会社

当社は、中部テレコミュニケーション株式会社(本社:名古屋市中区、代表取締役社長:宮倉 康彰、以下ctc)(注1)の光インターネットサービス「コミュファ光」と、当社のガスをご利用いただいているお客さまに、特典としてカテエネポイントを進呈させていただいております。

このうち、一部のお客さまにおいて、当社の処理に不備があり、ポイントの進呈漏れが発生していることが、2月18日にお客さまからのお申し出により判明いたしました。

ご迷惑をおかけしましたお客さまには深くお詫び申しあげます。

今回判明しましたポイント進呈漏れは、2018年7月以降、ctcの「コミュファ光」に当社ガスをセットメニュー(注2)としてお申込みいただいた4,217件です。

対象のお客さまには、3月8日から、お詫びとポイント進呈漏れのご説明に関するご案内をお届けするとともに、ポイントを3月8日に進呈いたします。

ポイント進呈漏れの原因は、カテエネの会員情報と当社ガスの契約情報を連携する処理が行われていなかったことによるものです。

当社は、今後、同様の事象を起こさないよう、業務マニュアルの見直しや運用ルールを徹底し、再発防止に努めます。

(注1)中部テレコミュニケーション株式会社は、当社のガス販売代理事業者です。

(注2)中部電力カテエネガスプラン1・2・3 forコミュファ光

以上