HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>「Pontaポイント」と「カテエネポイント」の相互交換サービス開始について

プレスリリース 2019年

「Pontaポイント」と「カテエネポイント」の相互交換サービス開始について

2019年3月27日

株式会社ロイヤリティ マーケティング
中部電力株式会社

株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)と中部電力株式会社(本社:名古屋市東区、代表取締役社長:勝野 哲、以下「中部電力」)は、3月28日(木曜日)より、「Ponta(ポンタ)ポイント(注1)」と「カテエネポイント(注2)」の相互交換サービスを開始いたします。

LMの共通ポイントサービス「Ponta」は、2010年3月にサービスを開始し、8,900万人以上の会員を有しています。Ponta会員のあらゆる生活シーンにおいて、「便利・おトク・楽しい」サービスを提供しており、「Pontaポイント」は、日常消費から生活インフラ、オンライン購買を含めて、全国の約20万店舗でご利用いただけます。

中部電力は、ご家庭向けWEBサービス「カテエネ」を通じて、電気・ガス料金の見える化サービスやポイントサービス、省エネ情報など、暮らしに役立つコンテンツを提供しております。「カテエネポイント」は、電気料金のお支払いへのご利用や、提携先企業のポイントに交換できることから、特にご好評いただいております。

相互交換サービスの開始により、ポイントの利用先が拡大するため、Ponta会員、カテエネ会員の利便性が向上します。

LMと中部電力は、今後も引き続き連携しながら、より一層付加価値の高いサービスを提供してまいります。

【ポイント交換サービスの概要】

交換レート

交換単位

「カテエネポイント」1ポイント⇒「Pontaポイント」1ポイント

100ポイント以上、100ポイント単位

「Pontaポイント」1ポイント⇒「カテエネポイント(電気料金充当(注3))」1ポイント

100ポイント以上、100ポイント単位

(注1)Ponta提携店舗やサイトでのご利用に応じて、ためて、つかうことができるポイント

(注2)カテエネ入会時や、検針票WEB化、毎月の電気・ガスご使用実績の確認、省エネなどの各種コラムチェック、カテエネを通じたショッピングなどを行うことで貯まるポイント

(注3) Pontaポイントからカテエネポイントへの交換は、ポイント交換後、自動で電気料金のお支払いに充当されます。

【ご参考】

新しいウィンドウを開きますWEBサービス「カテエネ」ホームページ

以上