HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>プレスリリース>2019年>当社が保有する鉄塔の利用に関する新料金メニューの提供開始について

プレスリリース 2019年

当社が保有する鉄塔の利用に関する新料金メニューの提供開始について

2019年6月28日

中部電力株式会社

当社は、7月1日より、主に電気通信事業者が無線アンテナなど(以下、事業者設備)の設置場所として、当社の鉄塔を利用していただくサービス(注)について、新料金メニュー(以下、本メニュー)の提供を開始いたします。

本メニューの対象となる事業者設備は、第5世代移動通信システム(5G)やLPWAなどに使用される無線アンテナや広域監視カメラを想定しており、設置場所は当社が保有する送電鉄塔と無線鉄塔とし、各事業者が設置を希望する設備のサイズにあわせた料金メニューを提供いたします。

また、本メニューの提供開始にあわせて、これまで各事業者が鉄塔設計会社に直接行っていた、事業者設備の設置に伴う鉄塔の強度確認を、一部簡略化して当社で行うよう手続きを変更し、手続き期間の短縮を図ります。

当社は今後も、社会の皆さまのニーズに応えていくために、エネルギーインフラを活用するサービスの提供に努めてまいります。

【本メニューの概要】

対象事業者

国、地方公共団体、公共又は公益事業を行う電気通信事業者

設置可能設備

公共又は公益事業を行う電気通信事業用無線アンテナ、公共使用目的の広域監視カメラ・センサ、防災用無線など

対象地域

愛知県、静岡県(一部地域を除く)、岐阜県(一部地域を除く)、三重県(一部地域を除く)、長野県など

(注)サービスのご利用については「鉄塔・建物等の利用のご案内ホームページ」、ご利用可能な設備については、地図上で閲覧・検索ができる「貸出設備検索サイト(「鉄塔・建物等の利用のご案内ホームページ」内より申込み必要)」にてご案内しております。

新しいウィンドウを開きます「鉄塔・建物等の利用のご案内ホームページ」

別紙

以上