HOME>IR・企業情報>広報活動・資料・データ集>リリース情報>その他の記者会見>西名古屋火力発電所7号系列開発計画について 社長記者会見

その他の記者会見 西名古屋火力発電所7号系列開発計画について 社長記者会見

2010年9月14日

中部電力株式会社

本日は、「西名古屋火力発電所7系列の開発計画」について、発表させていただきます。

  • 当社は、本日、西名古屋火力発電所1号から4号を廃止し、同敷地内に世界最高水準の高効率なLNGコンバインドサイクル発電設備を建設することを決定いたしました。
  • 公表に先立ちまして、先ほど、愛知県飛島村および愛知県に対し、西名古屋火力発電所7号系列の開発計画の申し入れをおこなってまいりました。
  • 今回の開発計画は、現状の1号から4号を廃止・撤去するとともに、すでに廃止した旧5,6号を撤去し、新たに2019年度の営業運転開始を目指し、220万kW級の高効率LNG火力発電設備を建設するものです。
  • 西名古屋火力発電所7号系列は、燃料に液化天然ガスを使用し、ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせて発電するコンバインドサイクル発電方式を採用する予定であります。
  • 計画出力は、220万kW級で当社の保有する火力発電設備約2,400万kWの約9%に相当します。
  • また、ガスタービンなどの発電設備については、最新機種の採用を検討しており、熱効率は世界最高水準の「60%程度」を計画しております。熱効率「60%程度」という水準は、新潟県上越市において建設中の上越火力発電所の熱効率「58%以上」を上回る当社最高水準となります。
  • 使用燃料については、通常時はLNGを使用しますが、安定供給に万全を期すため、需給が逼迫した際にLNGの追加調達が不調な場合に備え、一部に石油が使用可能な設備を計画しております。
  • 運転開始後、約40年を経過した設備を高効率な発電設備に更新することにより、当社の火力発電設備全体の熱効率を高め、二酸化炭素排出量の削減や燃料使用量の削減を進めてまいります。
  • 今後は、地元の皆さまや関係各所のご理解・ご協力をいただきながら、計画を着実に進めてまいりたいと考えております。
  • 私ども電気事業者は、国内で発生する二酸化炭素排出量の約3割を排出しております。したがいまして、二酸化炭素の排出削減に積極的に取り組み、低炭素社会の実現に貢献することは、電気事業者に課せられた重要な責務であると考えており、当社は地球環境保全への対応を経営の最重要課題の一つと位置づけております。
  • このため、二酸化炭素排出量の削減に向け、高効率LNG火力の開発、安全を最優先に原子力発電の設備利用率の向上、風力発電やメガソーラー発電などの再生可能エネルギー発電の開発、京都メカニズムの活用などを積極的に推進していきたいと考えております。今回の開発計画も、こうした地球環境保全への取り組みを更に推し進めるものと考えております。
  • 当社は、お客さまの信頼に応えて、「安全で安価、かつ環境負荷の低いエネルギーを安定的に供給し、人々の暮らしと地域の発展を支える」という公益的使命の完遂に向けた取り組みを進めてまいります。

 

私からは以上でございます。

 【資料】

西名古屋火力発電所7号系列の開発計画について

以上