電力用語解説 周波数(しゅうはすう)

交流は電圧と電流が一定の周期で変化をくり返しているが、その1秒あたりの変化の回数を周波数という。単位はHz(ヘルツ)。日本の電力は東日本が 50Hz、西日本が60Hzで、これは明治時代に大型発電機を購入したとき、東京電灯がドイツから、大阪電灯がアメリカから輸入したため。

 

 

 

 

 

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら