電力用語解説 制御棒(せいぎょぼう)

原子炉(げんしろ)の出力(核分裂の割合)を調節する役目を持つもので、中性子をよく吸収する物質(ホウ素、カドミウム等)で作られている。核分裂は中性子がウランにぶつかって起こるので、制御棒の出し入れによって炉内の中性子の数を変え核分裂の割合を調節する。

 

 

 

 

 

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 新しいウィンドウを開きます:浜岡原子力発電所の今、これから
  • 新しいウィンドウを開きます:環境への取り組み
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • CDPへの対応 詳細はこちら