中部電力|電力自由化の概要 - 電力自由化情報・託送供給などのご案内

電力自由化情報・託送供給などのご案内 電力自由化の概要

電力の小売り自由化の概要

2000年3月より、特別高圧で受電されるお客さま(使用規模が原則2,000キロワット以上、標準電圧20,000ボルト以上)が電力の購入先を自由に選ぶことができる「電力の小売り自由化」がスタートしました。「電力の小売り自由化」の範囲は段階的に拡大し、2004年4月には、高圧(標準電圧6,000ボルト)で受電され、需要場所ごとの契約電力が500キロワット以上のお客さまが、2005年4月には、高圧で受電され、契約電力が500キロワット未満のお客さまが対象となり、2016年4月からは、低圧(標準電圧100ボルト、200ボルト)で受電されるお客さまを含めたすべてのお客さまが対象となっています。

電力の小売り自由化の主な内容

  • 自由化対象のお客さまは、電力の購入先を当社に限ることなく、自由に選択できます。
  • 自由化対象のお客さまとの需給契約については、全て当事者間の私契約となり、当社には電気事業法による供給義務はなくなりますが、当社を含むいずれの電力供給者とも契約が成立しない場合には、当社があらかじめ行政に届け出た最終補償供給約款および電気供給約款により供給します。
  • お客さまが当社以外から電力を購入される場合には、託送供給等約款にもとづき、当社のネットワークを活用してお送りします。
「電力の小売り部分自由化」の範囲のイメージ画像