中部電力|託送供給等収支(送配電部門収支)について - 託送料金など

託送料金など 託送供給等収支(送配電部門収支)について

電気事業法および経済産業省令「電気事業託送供給等収支計算規則」に基づき算定した2017年度の託送供給等収支は、以下のとおりとなりました。

2017年度託送供給等収支における超過利潤

項目 金額(単位:億円)
当期純利益(1) 280
事業報酬額(2) 374
追加事業報酬額(3) 0
財務費用(株式交付費、株式交付費償却、社債発行費および社債発行費償却を除く)(4) 155
財務収益(預金利息を除く)(5) 16
事業外損益(6) マイナス8
特別損益(7) マイナス7
その他の調整額(8) 11
超過利潤 ((1)-(2)-(3)+(4)-(5)-(6)-(7)-(8)) 49

託送供給等収支の状況および託送料金について

2017年度の送配電部門当期純利益は280億円、超過利潤は49億円となりました。

これは、省エネの進展はあるものの、産業用需要が増加したことなどにより、中部エリアの電力需要が現行料金原価における想定需要に比べて増加したことなどによるものです。

超過利潤につきましては、徹底した経営効率化によりコストを最大限抑制しつつ、今後、増加が見込まれる流通設備の高経年化対策や再生可能エネルギー導入拡大への対応など、将来の安定供給に必要な投資に活用してまいります。

なお、今後の託送料金の見直しについては、中長期的な需要動向や経営効率化の進捗状況などを総合的に勘案した上で判断してまいります。

お問い合わせ

中部電力株式会社 ネットワークサービスセンター

  • 〒461-8680 名古屋市東区東新町1番地
  • Tel:0570-03-5600  Fax:052-973-2383
  • 受付時間:9時~12時および13時~17時(年末年始(12月29日~1月3日)、土曜・日曜・祝日は除く)
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 系統空容量マッピング