中部電力|テクノフェア2018開催概要 - テクノフェア

テクノフェア テクノフェア2018開催概要

テクノフェア2018の開催日時、会場へのアクセスをご案内します。
(入場は無料です。)

開催日時

日時:2018年10月11日(木曜日)、12日(金曜日)9時30分~16時

テーマ

みなさまと つなぐ・つながるエネルギー 一歩先を行く挑戦

当社は期待を超えるサービスを、先駆けてお客さまへお届けする「一歩先を行く総合エネルギー企業グループ」を目指し、「地球環境に配慮した、良質なエネルギーを安全・安価で安定的にお届けするための技術開発」、「新しい魅力的なエネルギーサービスを創出するための技術開発」、「IoT・AIなど最先端技術を取り入れた新たな価値を創出するための技術開発」などに取り組んでおります。

今回のテクノフェアでは、これらの最新の技術開発を展示・紹介します。

展示内容のご案内

  • 系統安定・送配電技術、発電技術、再生可能エネルギー技術、情報通信技術
  • ご家庭・工場向けエネルギーサービス技術、化学分析・材料観察技術、バイオ技術
  • 原子力安全技術、浜岡原子力発電所の安全性を高める取り組み

会場のご案内

会場のご案内図

以下のファイルをダウンロードしてご利用ください。

会場へのアクセス

テクノフェア2018の会場は、当社技術開発本部で開催します。

技術開発本部地図
住所 〒459-8522 名古屋市緑区大高町字北関山20-1
Tel:052-621-6101(代表)
アクセス方法 JR東海道本線「南大高」駅より徒歩7分
国道23号線共和ICより約5分
(注)駐車場は台数に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。

前回(テクノフェア2017)の開催状況

昨年のテクノフェア2017は、「一緒に考えたい エネルギーの未来 新たな価値創出への挑戦 」をテーマに掲げ、2017年10月26日(木曜日)・27日(金曜日)に開催しました。2日間で、約3,300名の方にご来場いただきました。

当日は、40点を超える技術研究開発の展示をおこない、幅広い色々な分野の研究、将来のエネルギー・環境課題への取り組み、IoT、AIを活用した新しい技術開発などを紹介しました。

前回(テクノフェア2017)の様子1
前回(テクノフェア2017)の様子2
前回(テクノフェア2017)の様子3
前回(テクノフェア2017)の様子4

前回の展示例

  • 原子力安全技術研究所の取り組み
  • ウェアラブル端末を用いた点検業務支援技術
  • ビックデータ分析を用いた異常予兆監視技術
  • ドローンを活用した送電線の離隔評価技術
  • 設備画像を用いた3次元データ作成技術
  • 次世代スマートハウスに関する技術
  • 電力分野へのLPWA通信技術の適用評価
  • ミニチュア電力系統設備による模擬実験
  • 浮体式洋上風車の水理模型実験
  • 超電導コイル・磁力による冷却・加熱技術
  • 高度分光画像による電力設備の劣化診断技術
  • 模擬送電鉄塔への落雷実験

    など

よくあるご質問・お問い合わせ
  • 新しいウィンドウを開きます:Denki No Ashita でんきのあした
  • 採用情報
  • 新しいウィンドウを開きます:「交流」 人・まち・地域とくらしの情報 詳細はこちら
  • 系統空容量マッピング