ホーム イベント情報 施設ガイド スタッフのひとりごと 利用案内・アクセス

ホーム  > イベント情報 >  イベントレポート

イベントレポート イベント情報 EVENT INFORMATION

夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」

でんきの科学館では、8月5日・12日・19日・26日(金曜日)に、小学校3年生から6年生の方を対象に夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」を開催しました。

まず最初に主力発電所の発電方法や、発電所で作られた電気がどのようにしてご家庭まで届くのかをポスターやワークシートを使ってご紹介し、その後の「発電」の実験では磁石とコイルでできた小さな発電機を使って、実際に電気を作りました。電気を作るのは、意外と大変だということを身を持って感じていただけたようです。

「変電」の実験では2つのコイルを使い、電磁誘導で生まれる電気を電圧計で測りました。取り出す側のコイルの巻き数を変えて実験をおこない、変電所ではどのようにして電圧を小さくしているのか、実験を通して分かりやすく学んでいただきました。次はどのような結果になるのか、真剣な表情で数字を読みとるお子さまの姿が強く印象に残っています。

そして最後には電子部品を挿して回路を組むブレッドボードを使い、LEDの光がキャンドル風に揺らめく電子工作をおこないました。電子部品の挿す方向や場所を間違えるとキャンドルの明かりがつかなかったり、光が揺らめかなかったりと、とても細かい作業でしたが、最後まで集中して取り組んでいただけたように思います。大変な作業であった分、明かりがついた瞬間にはどのお子さまも満面の笑みを浮かべ、嬉しそうに完成した工作を眺めていらっしゃいました。ニッパーやリードベンダーといった初めて使う道具に苦戦しているお子さまも多くいらっしゃいましたが、一度使い方をお伝えするとコツをつかみ、自ら進んで作業をおこなう様子も見られました。中には昨年度と今年度、共に参加してくださった方もいらっしゃり、よりパワーアップした楽しい教室であったという嬉しいお言葉をいただきました。

今年の夏休み実験教室も多くの方に参加していただきました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました。でんきの科学館ではお客さまに楽しんでいただけるよう、毎月いろいろなイベントを開催いたします。またのお越しを、心よりお待ちしております。

夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」の様子1
夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」の様子2
夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」の様子3
夏休み実験教室「発電とピカッと電子回路」の様子4

 このページの先頭へ

 中部電力ホームページ「キッズ・展示館」トップへ

 その他の中部電力展示館