ホーム イベント情報 施設ガイド スタッフのひとりごと 利用案内・アクセス

ホーム  > イベント情報 >  イベントレポート

イベントレポート イベント情報 EVENT INFORMATION

10月イベント「ワンダーハロウィン ふしぎの世界へご案内」

でんきの科学館では、10月22日(土曜日)と23日(日曜日)に、10月イベント「ワンダーハロウィン ふしぎの世界へご案内」を開催しました。2日間を通し、約4,100名のお客さまにご来館いただきました。

今回は、実験ショーやスタンプラリー、工作などをおこない、「ふしぎ」を体験していただきながら科学について楽しく学べるイベントでした。また、ハロウィンをモチーフにしたことにより、仮装をして来館してくださった方もいらっしゃり、小さなお子さまから大人の方までイベントを楽しんでいただけた様子でした。

 実験ショーは「おかしをくれなきゃ いたずら大作戦」をおこないました。いたずら好きの兄弟がハロウィンの日におかしをくれなかった時のいたずらを考え、色々な実験をおこなっていく内容でした。ダイラタンシを使った実験やホットアイスの実験など、普段は見ることができない実験をおこない、大変盛り上がりました。実際にマジックサンドの実験にも参加して、科学のふしぎを肌で感じていただくことができました。

スタンプラリーは「モンスターワールド/秘密のカギを探せ!」をおこないました。絵本型のスタンプラリーは、小さなお子さまにも楽しんでいただけた様子でした。物語になっていたため、保護者の方がお子さまに読み聞かせをされている姿を見ることができ、親子で一緒になってスタンプを押している姿が印象的でした。

また工作では、小麦粉と風船を使って、コムギン作りをおこないました。風船の中に小麦粉を入れ、結ぶだけの簡単な工作でしたが、シールを貼ったり、ペンを使って目を書いたりすることで、さまざまな表情のコムギンを作っていただけました。

ほかにも「カラダトリック」と題したミニ科学実験では、指や体を実際に動かして、ふしぎな体験をしていただいたり、私たちの生活に身近なやかんやバケツがスピーカーになるという実験をおこなったりしました。最後に息を吹くとクルクルとまわる、かぼちゃ飾りの工作もおこない、ハロウィンの雰囲気を味わっていただけたようです。その後、館内でお子さまが一生懸命吹いている姿を見ることができました。

2日間、大変多くのお客さまにお越しいただきまして、誠にありがとうございました。皆さまのまたのご来館を心よりお待ちしております。

10月イベントの様子1
10月イベントの様子2
10月イベントの様子3
10月イベントの様子4
10月イベントの様子5
 

 このページの先頭へ

 中部電力ホームページ「キッズ・展示館」トップへ

 その他の中部電力展示館