ホーム イベント情報 施設ガイド スタッフのひとりごと 利用案内・アクセス

ホーム  > イベント情報 >  イベントレポート

イベントレポート イベント情報 EVENT INFORMATION

夏休み実験工作教室「発電機とモーターの不思議なカンケイ」

でんきの科学館では、7月25日(火曜日)~7月28日(金曜日)まで、小学校3年生から6年生の方を対象に夏休み実験工作教室「発電機とモーターの不思議なカンケイ」を開催しました。電気がどのようにして作られ、発電所からご家庭までどのように電気が流れていくか、電圧を変える変圧器はどのようなしくみになっているかなどを普段なかなか使わない実験道具を用いて実験をおこないました。

発電の実験では、手回し発電機で実際に発電を体験していただいた後、発電機とモーターの構造が同じことなどを勉強しました。変電の実験では、巻き数の異なる2つのコイルを使うと電圧を変えることができるという実験をおこない、取り出す側のコイルの巻き数を減らすと電圧はどのように変化するのか予想をしていただきながら実験をおこないました。お子さま方には、電圧計やコイルの配線をしたり目盛を読んだりするだけではなく、読み取った数値をグラフにして電圧の変化の様子も見ていただきました。高学年のお子さまはすぐに取り掛かることができていましたが、3年生・4年生のお子さまはまだグラフを書いたことが無い方も多く、戸惑いながらも頑張って進めている様子でした。

工作では、モーターを作りました。コイルのエナメル線を削ったりニッパーで部品を切ったりすることが初めての体験だったようで、手こずってしまうお子さまも多くいらっしゃいました。しかし、完成して勢いよく回るモーターをとてもうれしそうに眺める姿が印象的でした。また、モーターカーと扇風機に作り替えられる部品をおみやげとしてお渡したので、夏休みの自由研究にも役立てていただける内容となりました。

今年の夏休み実験工作教室も多くの方に参加していただきました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました。でんきの科学館ではお客さまに楽しんでいただけるよう、毎月いろいろなイベントを開催いたします。またのお越しを、心よりお待ちしております。

夏休み実験工作教室の様子1
夏休み実験工作教室の様子2
夏休み実験工作教室の様子3
夏休み実験工作教室の様子4

 このページの先頭へ

 中部電力ホームページ「キッズ・展示館」トップへ

 その他の中部電力展示館