ホーム イベント情報 施設ガイド スタッフのひとりごと 利用案内・アクセス

ホーム  > イベント情報 >  イベントレポート

イベントレポート イベント情報 EVENT INFORMATION

夏休み実験・工作教室「どんな仕組み?発電機とモーター」

7月23日(火曜日)から26日(金曜日)、8月9日(金曜日)から8月11日(日曜日)の7日間、小学校3年生から6年生の方を対象に夏休み実験・工作教室「どんな仕組み?発電機とモーター」を開催しました。発電機とモーターはどのようなものなのかを、発電や蓄電の実験、電子工作をおこないながらお話をさせていただきました。

発電の実験では、手回し発電機で実際に発電体験をし、回す速度で発電量が変わることを確認しました。また、コンデンサに電気をためて、手回し発電機を繋ぐとハンドルが回る実験もおこないました。発電機とモーターは構造が同じで、逆の使い方ができると知ると、とても驚いている様子でした。電気は普段目には見えないものですが、実際に体験することで理解が深まったようです。

工作では小さなモーターをブラシに乗せ、重りを付けて振動モーターに変えることでさまざまな動きをする「ぶるぶるブラッシー」を作りました。構造は簡単ですが、作った機体でレースをするため、それぞれ飾りや角度など細かいところまでこだわり、真剣に作っていました。完成したブラッシーのスイッチを入れて、自由に動き出すのを嬉しそうに見ている姿が印象的でした。

レース後は速く走るブラッシーを参考に、どうしたらまっすぐ速く走るのか、さらに手を加えて調整をし、試走を繰り返していました。試行錯誤をする中で、自分なりの速く動くしくみを見つけていき、自由研究の題材や理科への興味関心に繋がっていく内容となったのではと感じました。

今年の夏休み実験・工作教室も多くの方に参加していただきました。参加してくださった皆さま、ありがとうございました。でんきの科学館では今後もいろいろなイベントを開催いたします。またのお越しをお待ちしております。

夏休み実験・工作教室の様子1
夏休み実験・工作教室の様子2
夏休み実験・工作教室の様子3
夏休み実験・工作教室の様子4

 このページの先頭へ

 中部電力ホームページ「キッズ・展示館」トップへ

 その他の中部電力展示館