中部電力|「周波数」と「波長」 - 電磁界(電磁波)の基礎知識

電磁界(電磁波)の基礎知識 「周波数」と「波長」

周波数

「周波数」とは、1秒間に繰り返す波の数のことを言います。当社の送電線などに流れる電流は、1秒間に60回「+」と「-」が入れ替わります。これを図で見ると1秒間に60回の波ができることになります。周波数の単位には「Hz(ヘルツ)」を使いますので、この様な場合、周波数は60Hzと言います。

周波数のグラフ

波長

波が1回振動したときの距離を「波長」と言います。

波長のグラフ

「周波数」と「波長」には、

【計算式】波長(キロメートル)は、「光速(300,000キロメートル毎秒)」割る「周波数(ヘルツ)」

という関係があります。例えば60Hzの場合では、

【計算式】「300,000キロメートル毎秒」割る「60ヘルツ」イコール「5,000キロメートル」

となり、波長は5,000(km)となります。

よくあるご質問・お問い合わせ