中部電力|生物学的研究について - 調査研究

調査研究 生物学的研究について

例えば、新しい薬が開発されると、その薬がいかに人体に作用するか、副作用はないかなどを調べる必要があります。このような時に、生物学的研究(動物実験、細胞実験)が実施されます。

動物実験は、マウス、ラット、ショウジョウバエなどを使用し、複雑な機能を持つ生体への影響を確認します。長所としては、条件をそろえて実験でき影響が定量的にわかる、短所としては、生物種が違うと影響が異なる場合があるということがあげられます。

細胞実験は、人や動物の細胞を使用し、遺伝子発現や細胞増殖などの影響を確認します。長所としては、人と動物の区別なく病気のメカニズムがわかる、短所としては、体全体での作用や定量的な答えは分からないということがあげられます。

動物実験や細胞実験は、1回の実験結果のみで判断するのではなく、一般に数回繰り返しおこない、同様の結果を示すこと(精度の向上)や別の研究者が同様な条件でおこなっても同様な結果を示すこと(再現性)などから、影響の有無が判断されています。

生物学的研究のイメージ図
よくあるご質問・お問い合わせ