再生可能エネルギーとは バイオマス発電

バイオマス発電は、木屑や燃えるゴミなどを燃焼する際の熱を利用して電気を起こす発電方式です。
発電した後の排熱は、周辺地域の暖房や温水として有効活用ができます。

バイオマス発電の流れのイメージ画像

バイオマスエネルギーの種類

バイオマスエネルギーには、木質燃料、バイオ燃料(バイオエタノール)、バイオガスなどさまざまな種類があります。

木質燃料は、製材廃材・建築廃材・林地残材など。バイオ燃料(バイオエタノール)は、サトウキビ・トウモロコシなど。バイオガスは、生ゴミ・家畜の糞尿など。

カーボンニュートラル

バイオマス発電は、燃やしてもCO2の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」という発想でつくられています。
植物は燃やすとCO2を排出しますが、成長過程では光合成により大気中のCO2を吸収するので、排出と吸収によるCO2のプラスマイナスはゼロになります。そのような炭素循環の考え方のことをカーボンニュートラルといいます。

カーボンニュートラルのイメージ画像